プロフィール

いそいそ

Author:いそいそ
2006年から自転車趣味に目覚める。
2013年より19年ぶりにオートバイに乗りだしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

OZIN DUKEDOM
TROUNCE自転車部 活動日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内津峠トレ


powered by 地図Z

chari070727_1.jpg chari070727_2.jpg chari070727_3.jpg

仕事が休みだったので恒例の?坂トレコース探索に出かける。
先日走った高蔵寺周辺からさらに足を伸ばして内津峠の林道に行ってみました。
一部林道らしからぬ良好な舗装路面だったりしましたが、段々と荒れた状態になり勾配10%ぐらいの登坂中に石だらけの路面になった(写真2)ため停止しようとしたら…立ちゴケしちゃいました。地面にヒザ蹴り~(>_<) ま、大したことなかったのでヨシ。自転車のレバーに傷が付いたのが最も痛かったとこか?

そこから折り返して戻ることに。途中、前回(7/23日記)写真を撮った田んぼで再度撮影した。
前回は39mmのカメラ(CONTAX i4R)での撮影でしたが、今回は22mm(Ricoh Caplio GX + ワイコン)で撮影。
やはり風景は広角レンズっすね~。…今度は一眼デジカメ持っていって15mmで撮ってみたいであります。

※焦点距離は全て35mm換算での値です。

今回は約43kmの走行で帰宅となりました。10時~13時頃だったので林道以外かなり暑かったです。


スポンサーサイト
お手軽ブルホーン
chari070725_1.jpg chari070725_2.jpg

ちょっと変わったブルホーンハンドルを入手。
ローコストにフラットバーをブルホーン化できるそうで、次の週末作業しまっす。


高蔵寺周辺トレ


powered by 地図Z

chari070723_2.jpg chari070723_3.jpg chari070723_1.jpg

今日はGWの代休。
暑いから室内でローラー台すっかなーとゴロゴロしてたが、せっかくの好天なので高蔵寺周辺でのトレーニングコースを探索に出かけた。
ふらふらあてなく走ってみたが、走り易いところが多いね。周回トレーニングルートを設定してちょくちょく走るかな。あと内津方面へ足を伸ばすのもいいかも。適当に走っているうちに自宅方向に向かっていて約30km走行で帰宅。もうちょっと走りたかったな。…ローラー台すか?


自転車トレコース探索


powered by 地図Z

chari070722_1.jpg chari070722_2.jpg chari070722_3.jpg

毎度の猿投温泉トレから足を延ばすのに適当な所はないかと周辺地図を確認してみたところ、猿投神社脇からぐるっと山を巡るルートがあったので、見に行ってみることにした。

朝6時半起床。自転車の準備をして出発。モリコロパークに7時45分到着。開門の8時まで補給食摂って待つ。
毎度のグリーンロードを加納インターまで走って、登坂ルートへ入ったのですが途中で団体の登山者がみえたのでささっと折り返し、反対側の猿投神社脇から再度登坂ルートへ。
登山道ですが舗装されていて、時々車も通ります。走り出してすぐに先行していた2台のロードに追いつきます。女性2人連れでした。やっぱり自転車って流行ってますよね?
展望台のところまで行って折り返したのですが、そこまでひたすら登りのルートでした。
路面は昨日の雨で濡れ、石、砂利、枝が落ちていてスリッピー。登山者も多いので挨拶したりしながら、ブレーキかけまくってゆ~~~っくり下ります。登りは楽しかったのですが…自転車トレにはあまり向いてないコースでしたね。んー残念。その後、毎度の猿投温泉ルートも走ってからモリコロへ帰還。約41kmの走行で終了でした。


自転車コミック
7/23(月)発売のヤングキングは「並木橋通りアオバ自転車店」が巻頭100ページ掲載である。
週間/隔週発売の雑誌購入を止めて久しいが、今回は買ってみることにしている。
珍しくレースネタらしく楽しみなのだ。

他の自転車コミックも来月2冊発売するので、これも要チェックですぞ。

8/3 Odds(オッズ) 5 石渡 治
8/17 バイキングス 4 風童じゅん


宇宙大作戦
今夜、深夜1時15分よりNHK BS2でスタートレックのデジタルリマスター版の放送が始まります。木曜に再放送もアリ。この機会に見直ししますぜ。
公式サイトによると放送順がなぜかオリジナルとは異なるらしい。


4連休最終日
GWの代休を取ったので今日も休み。疲れ気味だけど今日も自転車乗るぞ~と朝5時半起床。

雨だ…寝る。

11時、再度起床。雨はあがっていて、天気予報は名古屋:曇のち雨、長久手:曇…とりあえず出かける準備。荷物を車にあれこれ積載。
昼食とってからコルナゴ抱えて玄関開けると…

雨だ(´Д`)

部屋に窓がないから降り出したのに全く気付かなかったよ。
すごすごと部屋に引き返すのでした。

その後、車で自転車コースを探しに奥矢作の方まで行ってみましたが、事前調査不足につきただのドライブになってしまいました。

次の週末は天気が良いみたいなので楽しみです。あの人の自転車も納車されるみたいだしねー。


めぐみの森トレ


powered by 地図Z

chari070716_1.jpg chari070716_2.jpg chari070716_3.jpg chari070716_4.jpg chari070716_5.jpg chari070716_6.jpg

朝5時起床…の予定が寝過ごして5時50分起床。
前日に用意できなかったのでバタバタと準備。
7時15分出発。途中給油したりして目的地には8時20分頃到着。
まずコース確認で1周。戸越峠へ出るまでの道((1)~(2))は路面に折れ枝や落石!?があって、道の見通しも悪い。下りは超慎重にブレーキかけまくりです。1箇所、路肩が大きく崩落している箇所もあるので注意。(2)~(3)区間は、ひたすら下り。車がそこそこ通ります。(3)~(1)区間は(4)の手前が少しだけ下りですがほとんど登り。(4)の交差点を曲がったところに自販機が沢山並んでるので補給するもヨシ。
1周約14kmなのですが、道に迷ったので1.5時間ぐらいかけて20kmほどの走行となった。
スタート地点でちょい休憩して2周目開始。途中何カ所かで写真撮影しつつ50分弱で2周目終了。トータル34km走行で本日は撤収。


明日の坂トレ
明日は1人での走行。



powered by 地図Z

このあたりをまた走ってくる予定。


レース用ストップウォッチ
先日のツール・ド・新城では安価なストップウォッチを1つ用意してレース開始~終了までの経過を監視していたのですが、このレースは各ラップの記録が公開されないこともあり、ラップ記録に適したストップウォッチを用意しておくべきでした。

はるか昔、原付レースやってたときに使ってたCASIOのモータースポーツ観戦用腕時計がラップをたくさんメモリーしてくれたので、実家の魔窟を捜索してみたのですが発見出来ず…orz
腕時計型なら自転車に装備して走りながら記録できると思ったんだけどね。
それで新しく買おっかと思い現在調査中。NIKEのトライアックスシリーズが良さげ?
とりあえず、ピット用としては W-ZERO3es にストップウォッチアプリを2つインストールした。

iSWatch
sinPocketStopWatch

どちらもテキストでラップタイムのログ保存ができます。sinPocketStopWatchは各ラップの記録時刻も併せて保存されるのがGood。これがフリーで手に入るって素晴らしいですね~。


シマノ鈴鹿ロード
来月は何も自転車イベントがないのが寂しいなと思いネットで情報収集したら「シマノ鈴鹿ロード」があるではないですか。本気系オンリーイベントと思っていたのですが、緩めのカテゴリもある模様。

通常の参加申込みは7/6で締め切ったのですが、定員に達していない個人種目のみ7/7~8/14の第2次募集で申し込めます。(要レイトフィー千円)

フルコース1周のビギナークラスにエントリーするつもりです。
土曜/日曜どちらにするかは、誰か付き合ってくれる人がいれば合わせますけど…いないかな~?


灼熱の新城エンデューロ
chari070708_1.jpg chari070708_2.jpg chari070708_3.jpg chari070708_4.jpg chari070708_6.jpg chari070708_7.jpg

※以下レポートの数字には曖昧なところが多々あります。適宜修正の予定です。

走ってきました新城サマーエンデューロ3時間。
ここのコースはピットロードが非常に長いのでロスを抑えるために45分毎の交代で各員1回の走行を予定していました。

第1走者のTAMIは、かなり前の方のスタートポジションを確保。ローリングスタートのはずなのにかなりのハイペースで走行開始です。
約20分経過。3周したところでアクシデント発生。走行中のTAMIからインカムで連絡です。

熱中症で体調に異変。ピットインするとのこと。

第2走者あわちまに交代。約20分経過。3周したところで走行中のあわちまからインカムで連絡。

熱中症で体調に異変。ピットインするとのこと。

第3走者老いぼれ犬に交代。
また20分で交代か…と思いきや頑張りを見せ走り続ける。
インカムで連絡があったので「交代か?」とピットに緊張が走るが「水ボトルを渡してくれ」との連絡。やはり今レースは熱気との戦いであるようだ。私も次の走行に備えて自転車にボトルを装着する。
約37分、6周走行で交代となった。

第4走者いそいそに交代。
走行開始から2周ぐらいで頭部が熱くてたまらなくなる。これはヤバイと思い、ダメージ軽減を期待して、登り坂でスローペースになったときにボトルのドリンクを適宜飲むようにした。
昨年と違いドライ路面なので下りでかせぐことができるのが気持ち良い。とはいえトップギヤまで使いきれなかった。ケイデンスはMAX124。平均80台でした。カセットの選択は次回の課題ですね。
走行42分ぐらいでピットインの連絡を入れる。
最後の周回はスパートをかけたら登り坂では脚攣り状態で立ち漕ぎに。
約47分の走行でピットイン。ピット周入れて9周か?
ピットに戻ってから食べたかき氷の美味いことったらありませんでした。
以降ぐったりしてたのでレース中の記憶が曖昧。

第5走者TAMI 4周? スマン疲労でぼーっとしながら氷食ってました。

第6走者あわちま 4周目の途中でタイムアップにてレース終了となった。

結果。参加クラス:ミニベロ・オープン 7位 (参加14チーム(ソロ含む)) 総周回数29周 平均速度25.81km/h でした。

参加の皆様お疲れさまでした。
次のイベントはサイクルマラソン鳥羽志摩線ですっ。


ご近所サイクリングロード&坂トレコース下見
chari070706_1.jpg chari070706_2.jpg chari070706_3.jpg chari070706_4.jpg chari070706_5.jpg chari070706_6.jpg

先日、近所に作りかけのサイクリングロードらしきものを発見したので、睡眠1時間状態で朝5時に偵察に行ってきました。

東端部がまだ工事途中でしたが、約3kmが通行可能な状態になっていました。
キレイな舗装で走りやすかったです。これはどんどん延長していっていただきたいですね。

途中「勾配12%」の標識を発見してウキウキしながらチェックしたのですが、12%とは思えない緩斜でがっかりでした(^_^; トレーニング場所ハッケーンと思ったのに…。

コースマップはこちら参照

帰宅して再度就寝。

昼は自転車屋に行って日曜のレースに備えてパーツ購入とホイールの振れ取りをしてもらう。
明日も訪問の予定。

午後4時頃、ゆーじさんと坂を求めて定光寺周辺に行くことに。
愛岐道路側から定光寺公園方面に右折すると勾配15%の坂出現。車がちっとも登ってくれません(^_^;
定光寺公園の駐車場に車を止めて走行開始。まずは研修センターまで行って折り返し。次に定光寺まで行くつもりがまるっと反対の道を登って折り返し。わずか7km未満の走行で撤収。

コースマップはこちら参照

今回、日曜のツール・ド・新城で使用するMV-3Sに久しぶりに乗ったのですが、
…なんだか走りが重い(´Д`) コルナゴしか乗ってなかった弊害すねー。
日曜はがむばってきます。


魔法のホイール
chari070704_1.jpg chari070704_2.jpg

ツール・ド・新城に備えてマシン準備開始。
ハブのメンテナンスに初挑戦してみることにした。

とりあえずホイール外してハブ軸を指で廻してみる。
…ゴリゴリ感アリ(´Д`)ダメじゃん。
ハブレンチで軸を緩めて秘密のグリスを注入。
ゴリゴリせず、ガタも無いポイントで締めて完了~。
軸抜かなければ簡単ですね。

早速フォークに装着して浮かせた状態で軽く廻してみる。

…ムチャムチャ廻りますよ?
MAVICに生まれ変わった?( ゚∀゚)/


これまでロスしてきたパワーを考えると脱力です。
実走行での具合を早く試してみたいですな~。


コルナゴ アップチャージカラー
chari070703_1.jpg

コルナゴの一部のフレームにはオプションで選択できるカラーが設定されていて、私の「ひまわり」もそれである。

そのアップチャージカラーには日本のカタログには記載されていないカラーが存在する。

2006カラーその1その2
2007カラーその1その2

日本カタログ未掲載のカラーも問い合わせると注文できるみたい?


好天につき自転車トレ
chari070701_1.jpg chari070701_3.jpg

土曜日はゆーじさん、BPさんと毎度のグリーンロード練。
午後2時集合。途中の気温表示は29℃。暑かった…。
次は午前中がいいなー。

日曜日。7時起床。3時間しか寝てないのだが、三国山近辺で坂トレコースを見つけようと下見に行く。
このあたりでは、雨沢峠が定番のヒルクライムコースとなっていますが、車が多いのでR363から外れてみた。
走行ルートはここ参照。静かで鳥の鳴き声しか聞こえないような所ですが、しっかりした舗装がされています。
学生の頃、天体観測をしていた場所に車を止めて走行開始。勾配10%以上の坂だが1.2kmほどで行き止まり。
その場所で写真を撮っていると、LOOKに乗った方が現れ写真を撮っていただく。感謝です。
引き返して戸越峠方面へ向かうが、途中で折り返す。再度行き止まりまで登って撤収。
約10kmしか走ってません(^_^; 下見ということで…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。