プロフィール

いそいそ

Author:いそいそ
2006年から自転車趣味に目覚める。
2013年より19年ぶりにオートバイに乗りだしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

OZIN DUKEDOM
TROUNCE自転車部 活動日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年
2015年賀_01_web用
本年も宜しくお願いします。
スポンサーサイト
レストア日記56
056_001.jpg
RZに65ccボアアップシリンダーを組み込みました。

2スト単気筒なので、とってもカンタンです。
クーラント抜いて、キャブ、リードバルブ、チャンバー、ラジエタを取って、ヘッドボルトを取ればヘッド・シリンダが外れます。

056_002.jpg
このエンジンには古いボアアップシリンダーが装着されていると思っていたのですが、開けてみたらノーマル。シュレディンガーの排気量ですなぁ…(^_^;)

056_003.jpg
ヘッドの水路に錆の堆積がひどかったので、手抜きですがささっと洗浄しました。今回一番面倒な作業は古いガスケットの除去でしたね。

056_004.jpg
ボアは40mmから46mmに拡大します。ピストンを並べてみると結構大きさが違います。シリンダのスリーブは極薄で、このケースとシリンダではこれが限界のボアですね。

056_005.jpg
ピストンにリングを装着。クランクケース内にサークリップが落ちないようにウェスでガードしてノーマルピストンと交換。コンロッド小端のニードルベアリングも新品にしました。

台湾製らしいボアアップキットには説明書が付いて無いのですが、厚みの異なるシリンダベースガスケットが2つ付属していました。一枚はノーマルと同じ0.6mm、もう一枚は計測してませんが1.0mmぐらい?これは圧縮比を選択しろってことと解釈し、高圧縮になるように薄いものを使いました。

ピストンとシリンダ内壁に2ストオイルを塗ってズコッとシリンダ装着。ヘッドを慎重にトルクレンチで組み付けたら、あとはどんどん元に戻すだけです。

キャブは組み付け前にフロートチャンバー開けてクリーナーぶっかけましたが、たいして汚れてませんでしたね。

056_006.jpg
メインジェットはノーマル#125から#140に交換しました。昔買ったセットがまた役に立ちました。

056_007.jpg056_008.jpg
リードバルブもこの機会にカーボンリードに交換しようと思ったら、既にグラスファイバーのリードバルブ(ノーマルは金属製)に交換されていた(…さっぱり記憶にない(^_^;))ので、そのまま組み付けました。カーボンは別のエンジンに使うことにします。

056_009.jpg056_010.jpg
組み付け後、キック3回であっさり始動。数分アイドリングさせてから実走です。ナラシなので6000回転までに抑えようと思っていたのですが、ノーマルスプロケだと6速でも40km/hしか出ません(^_^;) 已む無く7000回転まで使うことにしたのですが、それでも50km/hしか出ないので、早めに帰宅しました。来週はスプロケ変更してナラシに臨むことにします。


smart ロードスター ドアオープナー修理
ロードスターのドアオープナー故障記事をアップした翌日に、smartの記事を多数アップしている「smartおやじのブログ(http://smartk.blog82.fc2.com/)」様に相談してみようと訪問したところ、新着記事で全く同じ症状が紹介されていました(^_^;)

早速、修理方法について、詳しいレポートをお願いしておきましたところ、翌日にレポートしてくださいました。(ありがとうございます。)

本来はドア外側のパネルを外してインナーハンドルにアクセスするそうですが、接着と一部フックを破壊して内張りをめくります。

20140407_01.jpg
写真は既に外した状態ですが、手順としてはドアハンドルを外してからフック(丸箇所)付近に内装外し工具を突っ込んでこじり、接着を剥ぎ取りつつフックを外にくぐらせてやります。

20140407_02.jpg
丸箇所が接着位置です。

20140407_03.jpg
ここのフックは千切ってしまうことになります。

20140407_04.jpg
オープナーに繋がるワイヤーですが、アウター先端のリブを割ってしまいました(^_^;) ワイヤー外す前に内張りをめくりすぎてしまい、パッキーンとやっちゃいました。まぁ、ワイヤーが戻る方向では力がかからなそうなので大丈夫でしょうが、この作業をされる方はご注意ください。

20140407_05.jpg
内張りを手前に引いてもワイヤーが突っ張らないように、ワイヤーを通す位置を変更しました。本来は写真中央の柱の向こう側を通ります。

20140407_06.jpg20140407_07.jpg
右側のピンが上にずれているのが、ドア開け不能の原因ですが、左のピンも上にずれてましたので、2本とも修正しました。位置直しただけなのでまたずれるでしょうが、そしたら対策考えることにします。

さて、ドア開閉できるようになったので、内張りを嵌めようとしたのですが、フックを小さく加工したにもかかわらず、なかなか嵌まってくれません(-_-;) 面倒になったので作業はまた今度ということにして、まだ内張りをプラプラさせてます(^_^;)


SDR・RZ再生日記 その22
今回は面倒で後回しにしていた案件をイッキに片付けました。

SDRフロントフォークオーバーホール
3668061_2009262404_230large.jpg 3668061_2009262324_232large.jpg
3668061_2009262288_148large.jpg 3668061_2009262228_225large.jpg

オイル漏れしていましたので、分解してオイルシールの打ち換え、オイル、ダストシールの交換をしました。オイルで手がベタベタなので、作業時間長いのに写真あんまなしです
なぜか左右のフォークで入っているオイルの色が違ってました(赤と青) 新車から初のオーバーホールなのに謎だ。

SDRフロントエンジンマウント交換
3668061_2009623161_126large.jpg 3668061_2009623147_175large.jpg

SDRの弱点のフロントエンジンマウント(磨耗して振動が出るんです)を交換しました。エンジン下にジャッキあてておいて、マウントを外して、ブッシュを専用工具で打ち換えました。走行5000km毎に交換が必要とのことです。(現在新車時から4300kmですが、チャンバーが割れたりしたので、マウント交換に踏み切っています。)

SDRキャブセッティング
スロットル閉で薄いようなので、パイロットジェットを濃くしました。

SDRチャンバー装着
3668061_2009623178_138large.jpg 3668061_2009623199_9large.jpg 3668061_2009623214_72large.jpg

エンジンマウントを交換したので、楽しみにしていたチャンバーを装着しました。メッキがめっちゃカッコイイ。

試運転で80kmほど走ってきました。
パラパラパラ…パイィィーンってチャンバーならではの乾いた音がたまらないですね〜 以前からのスロットル閉での不調は、今回のジェット交換で解消しましたが、スロットル中開度でバラバラいってフケない(ノッキングの振動は無いので、これがいわゆるボコつき?)ので、来週はニードルを調整します。
フロントサスは、以前は僅かな段差でもバタバタして怖かったのですが、しっとり落ち着いた感じになり、手間かけたかいがありました。

あともう少しで、安心して遠くまで出かけられる状態に仕上がりそうです。


新城サマーエンデューロ準備
20100620_01.jpg 20100620_04.jpg

20100620_02.jpg 20100620_03.jpg

新城エンデューロのためにミニベロを走行できるようにしました。

昨年のスズカエンデューロ以後、カセットとペダルが外されたままだったので、装着。サイコンをガーミンに交換。

最後に自作ステッカーをフレームとフォークに貼って完成~。

作業そのものよりも、カオス状態の部屋からパーツを発掘するのに時間を費やしました (^_^;

…あ、サイコンのタイヤ周長設定がロードのままだ。
当日までに忘れないようにやっとかなきゃ。

ところで、新城のコース。今年は逆周回になってたよ。
違和感あるわぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。