プロフィール

いそいそ

Author:いそいそ
2006年から自転車趣味に目覚める。
2013年より19年ぶりにオートバイに乗りだしました。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

OZIN DUKEDOM
TROUNCE自転車部 活動日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイク日記2 MT-07ローダウンキット組み付け
MT-07にローダウンキットとバックステップを組み付けました。

【ローダウンキット(エフェックス製 18mmダウン)組み付け】
20150110_01.jpg
サイドカバー、ステップを外します。

マフラーを外します。
20150110_02.jpg20150110_03.jpg
フランジのナット4ヶ所(12mm、20Nm)の他には、写真赤丸のO2センサーコネクタとサイレンサー上のボルト(左右2本 12mm、20Nm)を外せば、マフラーは取れます。O2センサーは高価(1.3万円)なので、くれぐれもコネクタ抜き忘れて引き千切らないように。

これで交換するコネクティングロッドにアクセスできるようになりました。
20150110_04.jpg20150110_05.jpg
20150110_06.jpg20150110_07.jpg
20150110_08.jpg20150110_09.jpg
上側ボルト(14mm、40Nm)は左右から工具をかけて外します。右側は下からメガネレンチ、左側はエクステンション付けたソケットレンチをチェーン下に通して緩めました。(※まだボルトは抜きません。)

20150110_10.jpg
下側ボルト(17mm、52Nm)は、左側に回り止めがあるので、右側ナットを回せば緩めることができます。

20150110_11.jpg
コネクティングロッド上下のボルトを緩めたところで、フレーム下にジャッキをかけて後輪を浮かせておいてから、ボルトを半分抜いて純正コネクティングロッドを外そうとしたのですが…外せませんね(>_<)

コネクティングロッド下側とボルトの間には長いカラーが入っていて、ボルトを完全に抜かないとロッドが外せませんでした。
ボルトを抜くには、左側のステップ取付けブラケットを外す必要があるのですが、このブラケットにはサイドスタンドが固定されているので、サイドスタンドとパンタジャッキによるリフトアップでは作業できないことが判明。

20150110_12.jpg
結局、フォークリフトで釣り上げて作業することになりました(-_-;) 毎度ながら手伝ってくれる家族に感謝です。

20150110_13.jpg
20150110_14.jpg20150110_15.jpg
スタンド固定ボルト2本(8mmHEX、63Nm、要ネジロック剤)とブラケット下固定ボルト2本(8mmHEX、45Nm、要ネジロック剤)を外し、スイングアーム軸のナット(22mm、110Nm)を取って、軸を少しだけ抜いた状態でブラケットを回転させてやり、や~っとコネクティングロッド下側ボルトが抜けました。

あとは、グリスアップしたローダウンコネクティングロッドに交換して、元通りに組み直せば終了です。

ショートサイドスタンド(5mmぐらいショート?)の装着はまだですが、平地に駐車するぶんにはなんとかなってます。

Befor
20150110_16.jpg
ライダーの体型は身長158cm、体重48kg、股下705mmです。ギリ爪先がつく状態で、路面がちょっとうねってるだけでも停車するのにビビります。

After
20150110_17.jpg
この写真ではイマイチ変化が判らないでしょうが、かなり安心して乗ることができるようになりました。

【バックステップ(OVERレーシング製)】
丁寧な説明書が付いているので、取付けについては特に書くことなし。
4ポジションが選択できるのですが、50mmBack/40mmUpで装着しました。

20150110_18.jpg20150110_19.jpg
ノーマルステップとネジ穴合わせて重ねてみました。ステップの移動量が実感できるでしょうか?

20150110_20.jpg20150110_21.jpg
足をつく際、あまりステップが邪魔でなくなり、見た目も美しくて満足しています。

ローダウンキットとバックステップの組み付け翌日、本年初のバイク走行。
20150110_22.jpg
楽しくてどんどん走りたいところだったのですが、寒さに耐えられなくなり走行70kmほどで帰宅。無意識に歯をくいしばっていて頭痛がしてきましたよ[m:206] 明日もできれば乗りたいですね。

スポンサーサイト
謹賀新年
2015年賀_01_web用
本年も宜しくお願いします。
レストア日記改めバイク日記1 MT-07カスタム
新車のMT-07が増えましたので日記タイトル変更します。
初回はMTのカスタムパーツなどについて書きます。

ビレットレバー
20141230_01.jpg
20141230_02.jpg20141230_03.jpg
クラッチレバーが遠くて握りにくいため、アジャスト機能の付いたU-KANAYA製のビレットレバー(ロングレバー/ホイールタイプ)を装着しました。U-KANAYA製レバーはアジャスト機構がレバー式(6段階、調整幅約30mm)のものもありますが、ホイールタイプは無段階調整で調整幅約35mmとなります。
握りやすさだけでなく、切削による形状がカッコいいです(^_^) レバー先端から3cmぐらいの箇所の抉れ溝は、転倒時にこの位置で折れることで、レバー根本から折れることを防ぐためのものです。

ハンドル
20141230_04.jpg
エフェックス製イージーフィットバー。純正から7mmアップ/7mmバック。車種専用で、純正ワイヤー/ブレーキホース対応ですが、純正のネジ込み式バーエンドは使えませんので、別途購入が必要です。ハンドルバーの内径は約14mmでした。

サイドスライダー
20141230_05.jpg
純正オプション。転倒時にエンジンを保護するパーツですが…これ、左右個別の部品番号は設定されてませんね(-_-;) 壊れるときは片側だけだろうに、そりゃないです。ワイズギア部品はこーゆーもんなのか~。
おまけにボルトオンではなく、スプロケカバーの加工が必要なのも残念ポイントです(-_-;)

シングルシートカウル
20141230_06.jpg
純正オプション。鍵で外せるタンデムシートと入れ替えるだけの簡単装着です。

アンダーカウル
20141230_07.jpg
純正オプション。細かく梱包してあったので開封しませんでした。左右分割形状で、大きなステーを介して装着する構造です。これもカウルとステーの部品番号は設定されておらず、片側が壊れただけでも丸ごとセット買いするしかないようです。この間の立ちゴケ時に装着してなくて良かった~(^_^;)

ローダウンキット
20141230_08.jpg
エフェックス製ローダウンキット(18mmダウン)です。説明書ではショートサイドスタンドとセットで組むことと書いてありますが、スタンド入荷待ち中です。(純正スタンドのままで組み込んでる人もいるみたい?)

ローダウンキット組み込み準備でサイドカバーとステップを外しました。
20141230_09.jpg20141230_10.jpg
サイドカバーは表に見えるネジ2本を外したら下部のクリップを上方向に抜くと外れます。右はハーネスが邪魔して外しにくいので、初めて外す場合は、左から作業すると良いと思います。ステップは見えるネジとマスターの割りピン外すだけで簡単に取れます。

20141230_11.jpg
ステップ外して気づきましたが、キックプレートでブレーキマスターのbremboロゴが隠れてしまっているのはもったいないですね。

20141230_12.jpg20141230_13.jpg
これでリアサスのリンクまわりが観察できるようになりましたが、工具入れるスペースが無いですね~。こりゃ面倒そうです(-_-;)
あと、ジャッキかけるにはマフラー外さんとだめですね。

バックステップ
20141230_14.jpg
純正ステップは足をつく際に邪魔な位置にあるので、足つき性向上目的でバックステップを付けることにしました。
購入したのはOVER RACING製ですが、高価なだけあってかなり凝った切削加工がされていて美しいです。まぁ、もっとシンプルにして安価にしてもらった方が嬉しいんですけどね。

レザーパンツ
20141230_15.jpg
体調不良で20歳の頃と同じ体重になってしまいました。
今なら24歳のときに購入したレザーパンツ(購入当時でも超タイトでした)が穿けるかも?と思いチャレンジ。
去年試したときは膝までしか上がらなかったのですが、尻まで上がった~…でもファスナー上がらんかったorz

ガレージ
20141230_16.jpg
MTを置くためにRZを1台実家に移動させましたが、もう少しデフラグしないといけませんね…。
エリーゼに向かってMT倒しそうな気がしてならないです。(実は20年前にジレラのバーエンドでユーノスロードスターのフェンダー凹ませた前科あり)
レストア日記56
056_001.jpg
RZに65ccボアアップシリンダーを組み込みました。

2スト単気筒なので、とってもカンタンです。
クーラント抜いて、キャブ、リードバルブ、チャンバー、ラジエタを取って、ヘッドボルトを取ればヘッド・シリンダが外れます。

056_002.jpg
このエンジンには古いボアアップシリンダーが装着されていると思っていたのですが、開けてみたらノーマル。シュレディンガーの排気量ですなぁ…(^_^;)

056_003.jpg
ヘッドの水路に錆の堆積がひどかったので、手抜きですがささっと洗浄しました。今回一番面倒な作業は古いガスケットの除去でしたね。

056_004.jpg
ボアは40mmから46mmに拡大します。ピストンを並べてみると結構大きさが違います。シリンダのスリーブは極薄で、このケースとシリンダではこれが限界のボアですね。

056_005.jpg
ピストンにリングを装着。クランクケース内にサークリップが落ちないようにウェスでガードしてノーマルピストンと交換。コンロッド小端のニードルベアリングも新品にしました。

台湾製らしいボアアップキットには説明書が付いて無いのですが、厚みの異なるシリンダベースガスケットが2つ付属していました。一枚はノーマルと同じ0.6mm、もう一枚は計測してませんが1.0mmぐらい?これは圧縮比を選択しろってことと解釈し、高圧縮になるように薄いものを使いました。

ピストンとシリンダ内壁に2ストオイルを塗ってズコッとシリンダ装着。ヘッドを慎重にトルクレンチで組み付けたら、あとはどんどん元に戻すだけです。

キャブは組み付け前にフロートチャンバー開けてクリーナーぶっかけましたが、たいして汚れてませんでしたね。

056_006.jpg
メインジェットはノーマル#125から#140に交換しました。昔買ったセットがまた役に立ちました。

056_007.jpg056_008.jpg
リードバルブもこの機会にカーボンリードに交換しようと思ったら、既にグラスファイバーのリードバルブ(ノーマルは金属製)に交換されていた(…さっぱり記憶にない(^_^;))ので、そのまま組み付けました。カーボンは別のエンジンに使うことにします。

056_009.jpg056_010.jpg
組み付け後、キック3回であっさり始動。数分アイドリングさせてから実走です。ナラシなので6000回転までに抑えようと思っていたのですが、ノーマルスプロケだと6速でも40km/hしか出ません(^_^;) 已む無く7000回転まで使うことにしたのですが、それでも50km/hしか出ないので、早めに帰宅しました。来週はスプロケ変更してナラシに臨むことにします。


レストア日記55
FZのエンジンチェック続きです。

アイドリングさせつつ水パイプを一通り触ってみましたが、水はそれなりに循環している様子。水温が上昇してラジエタファンが回転、水温計がすーっと下がって行くのも確認できました。

他にはアイドリングで回転が上下していることに気付きました。エンジンが冷えている状態で、エンジン始動してマフラーを触っていると2番シリンダーの温度が低く、ちょいとサボっているようです。マフラーからの白煙はオイルでなくて生ガスということですかね?



低画質動画では、ほとんど白煙が確認できませんね。



スロットル閉状態で勝手に回転が上下してます。

055_001.jpg
1・2番のプラグを見てみると、1番は黄ばんでいるのに2番は銀色です。

ということで、2番シリンダーのチェックをします。

コンプレッションテスターを使って圧縮を確認しました。本来は暖気が済んだ状態で計測するべきなのですが、今回はシリンダー同士の比較が目的なので、作業性優先で冷えた状態で実施しました。

055_002.jpg1番  055_003.jpg 2番

055_004.jpg 4番

どれも約10barで、圧縮に差はないようです。3番はテスターの装着がしにくいので未計測です。
プラグのスパークも確認しましたが、これも問題ないようです。

005.jpg
キャブ-シリンダ間のインシュレータの劣化がひどいので、2次エア流入を疑ってチェック。
インシュレータを外して確認しましたが、内側にクラックは無くて問題なさそうです。

006.jpg 4番   007.jpg 2番
ただ、2番はクランプ部が変形気味でしたので、1番と入れ替えてクランプバンドの締め付けもしっかり行ってエンジン始動してみたのですが、んー若干白煙が減ったような気がしなくもないけどプラシーボだよなぁ。もう1度キャブを分解するとしますかね…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。